土地家屋調査士 関太郎 登記測量事務所 神奈川県横浜市で境界、測量、登記の
相談を受付ています
 

| ホーム | 事務所概要 | 業務内容 | リンク | お問い合わせ |  コラム |

不動産のトータルアドバイザー 〜 境界・測量・登記を多角的な視点からアドバイス致します 〜


 

 

◆ご挨拶◆
 代表の、関太郎と申します。神奈川県横浜市・川崎市・東京都を中心に活動し今年で開業24年目となりました。これもひとえにご愛顧いただいた皆様のおかげです。深く御礼申し上げます。
 弊所の特色は『不動産に精通した土地家屋調査士として包括的なサービスを提供すること』です。平成9年に事務所を開設し、土地家屋調査士に関するサービスをご提供させて頂きました。さらにその後平成28年までの約15年間に不動産デベロッパーで、戸建分譲・収益アパートの企画・販売・用地仕入、相続コンサルなどを兼務してきました。その間に携わった売買契約件数は1000件以上になります。タフな会社で楽ではありませんでしたが、濃密な経験を積むことが出来ました。

 不動産業を兼務してきたことで、広い視点での問題解決を得意としています。例えば境界確定測量では、依頼人の主張、隣地の主張、売買主の土地利用計画、融資先金融機関の意向、建築上の法令制限、こういった諸問題を包括的にとらえ業務を最適化させることが必要となります。不動産に精通した土地家屋調査士として、それぞれの立場や条件を調整し、柔軟かつ大胆にスピード感をもって境界確定測量を遂行してきました。

 私は20年以上の長きにわたり土地家屋調査士と不動産会社の社員・役員という2足のわらじをはいてきました。企業人として会社の発展に尽力することを使命と課してきたのですが、長年抱いてきた独立の夢を捨てきることはできませんでした。これまでの経験は、他の業者様や、士業の方、さらに一般の個人のお客様のお役に立つことができるという確信、そして使命感がありました。考え抜いた末フリーな土地家屋調査士として独立することを決意するに至り、平成29年に横浜中華街のある石川町駅と山手駅の間に事務所を開設しました。今は総勢7名のスタッフと共に、日々現場を駆け巡っています。

 不動産市場は、人口減少、少子高齢化、空家問題、相続の増加、2022年の生産緑地問題など、大きなうねりが押し寄せてきています。土地が資産であり続けるという話は過去のものとなりつつあります。これからは不動産という資産を確実に次世代に継承させる事が必要です。これら諸問題に対応するためには、様々な専門家とのネットワークの構築が必要不可なため、NPO法人相続アドバイザー協議会の会員として、相続に強い不動産業者、弁護士、司法書士、税理士、保険業、FPの方々との情報交換も行っています。お気軽にご相談ください。


土地家屋調査士 関太郎 登記測量事務所
株式会社 エスティプラン
〒231-0848 神奈川県横浜市中区鷺山100-11-2B
電話 045-225-8974 FAX 045-225-8979
神奈川県土地家屋調査士会 登録第2413号